HOME > 専門部会・委員会 > 大学部会 報告 文字サイズ 大きくする 普通

2018年度 第1回大学部会 報告

日時

2018年7月20日(金)15時30分〜17時00分

会場

神奈川県生協連事務所

□ 参加者

小倉克巳(部会長/横浜国立大学生協)、上台晶一(横浜市立大学生協)、滝澤栄司 (神奈川大学生協)、岡山淳一郎(東京工芸大学生協)、宮下武志(宇宙科学研究所生協)、小浦有里(慶応義塾生協)

オブザーバー:小林正明(県生協連)

事務局:相田祐二(県生協連)

欠席

木村厚司(麻布大学生協)、遠藤幸喜(賛助会員/明治学院消費生協)

オブザーバー:大野光英(昭和大学生協)、平田元裕(東京ブロック)

□ 事務局

相田祐二(県生協連)

内容

 

1.確認事項

(1) 2017年度第1回大学部会報告

(2) 2017年度第3回大学部会・職域研究会合同企画報告

事務局より報告がされた。

 

2.報告事項

(1) 大学生協部会運営規則の確認

(2) 神奈川県生協連と大学生協部会について

(3) 神奈川県との包括的な連携・協力の推進について

(1)について事務局より報告がされた。

(2)、(3)について小林正明専務理事より報告があり、神奈川県と生協全体とのの包括的な連携・協力の推進の協議を始めているが、大学生協はどのように関われるか提起がされた。小浦有里専務理事より、地域と連携したゴミ拾い、地産地消の取り組みとして地元野菜を使った食堂メニュー、地元給食センターと連携した同一メニュー取扱いの取り組みが報告がされた。小林正明専務理事より、県と県生協連との包括連携の具体化をすすめる上で、各大学生協にもアンケート協力の要請がされた。

 

3.協議事項

(1) 2018年度大学生協部会 取り組みの方向性(案)について

(2) 健康チャレンジの取り組み

(3) その他

(1)について、協議の上2018年度方針と役割担当について確認された。

生協大会実行委員会

神奈川大学生協   滝澤栄司専務理事

大規模災害対策委員会

東京工芸大学生協  岡山淳一郎専務理事

ヒバクシャ国際署名

生協推進委員会

横浜国立大学生協  小倉克巳専務理事

宇宙科学研究所生協 宮下武志専務理事

(2)について、滝澤栄司専務理事よりチャレンジ期間が前倒しになったため大学祭を活用しての配布はできなくなったが、パート職員の取り組みは引き続き可能、小浦有里専務理事より職員・パート職員で可能、小倉克巳専務理事より職員・パート職員全体120名が集まる場での配布が可能と意見が出されたあと、小倉克巳専務理事より大学生協としても積極的に関わろうと提起がされた。

(3) では懇親会の持ち方について確認をした。

 

4.その他報告事項

(1) 生協大会に向けた実行委員会の取り組み

(2) 核兵器廃絶国際署名の取り組み

(3) 大規模災害対策委員会の取り組み

(4) 2018ヒロシマナガサキ平和スタディツアーの取り組み

(5) 2018原爆と人間展について

事務局より報告がされた。2018原爆と人間展成功のため協賛金協力の要請がされた。

 

5.次回、職域研究会合同企画の検討について

富士フイルム生協の(食堂、売店、工場等)視察見学を兼ねた合同企画の希望が出された。

富士フイルム生協専務である職域研究会の金子座長に、大学生協側の企画希望日10/18、10/22、10/23、10/29、10/30から設定を相談することとした。

以上

前のページにもどる このページトップへ
サイトマップ 神奈川県生協連トップページへ